不定期更新で送る、日々思う事をダラダラと綴るブログです。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








これでいいのだ、の重さ


もう、ニュースで知っている方は多いかと思いますが、ギャグ漫画の巨匠であり、かのトキワ荘メンバーの一人でもあった赤塚不二夫さんが亡くなりました。



オイラが、赤塚作品で強烈に覚えているのは「もーれつア太郎」でした。

初めて見たのはアニメだったんですが、そのインパクトは凄まじいものがありました。

それから、「おそ松くん」「天才バカボン」の漫画に入りましたが、幼心に卓越したセンスに見入ってしまった記憶があります。



「お笑い」、「ギャグ」、「コメディ」。

今でも決して社会的地位が高いとは言えないジャンルですが、ここまで引き上げてくれた一人だと思っています。

変な理屈をこねて、お笑いを分かりにくくする人もおりますが、何はどうあれ、どんなに持論を展開したところで「真祖」に勝るものはありません。

それだけ、今のギャグ漫画の、お笑いの基礎を築いた人だと思います。



昨日の告別式で、タモリさんが読んだ弔辞の一文、

「私もあなたの数多くの作品の一つです」

これには涙を堪える他ありませんでした。



病床でも「人を笑わせたい」と言っていたという、赤塚不二夫先生に最大の敬意を表し、その信念を見習うと同時に、御冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト






2008⁄08⁄08 06:30 カテゴリー:哀悼、深い悲しみ comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント


(ノ△<、)
天才バカボンのレレレのおじさんと言い、インパクト大のキャラクターを生み出し、ホント…今のギャグ・コメディ漫画の先駆けで、分野を広めたた、偉大な漫画家だったよv-406

タモリさんの弔辞は、本当に涙を誘われましたv-409


2008/08/08 19:36URL | ケイ[ 編集]


 
 
もうれつあ太郎?…
みてますた(T_T)
 
 
 
てか、俺の中での漫画を楽しくしてくれた人。
 
 
漫画は、楽しいものだと教えてくれて人。
 
 
それが、赤塚さんです。
 
 
 
 
 
心より御冥福をお祈りいたします。m(__)m
2008/08/09 20:10URL | ピエロ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

悶太という生物について


カウンター


ついったー

    follow me on Twitter

    最近のコメント


    最近のトラックバック


    月別アーカイブ


    カテゴリー


    最近の記事


    リンク


    カレンダー


    ブロとも申請フォーム


    ブログジャンキー


    読み物



    ↓オススメ
    1605(小

    ブログランキング


    その他諸々

    by Orfeon

    blog-lvup.com


    RSSフィード


    ブログ内検索


    ▲pagetop



    Copyright © 2017 悶太のブログ. All Rights Reserved.
    template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。