不定期更新で送る、日々思う事をダラダラと綴るブログです。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








スーツが似合う道化師はサーカスに居ない


いただいちゃいました

すいません

また、遊びきちゃいますからぁ






これが、今日という日を迎えるキッカケになるなんて、当時は微塵も思わなかった。







連絡を貰ったのは今朝、唐突だった。

近くに行く予定があるから会えないか、と。

突然の事にテンションは上がったものの、軽くパニック。

会って、何を話そう。

いや、何を話せば良いのか?

知り合ってから、数年。

数年も交流を続けているのに、

兄弟とまで呼びあっていたのに、

顔以前に、会話すらした事が無い相手。

そんな人物を義兄弟と呼ぶのは、端からみたら滑稽なのかもしれないが、

特に違和感なく呼びあっていた二人。

会う前に、少し不安が過る。

会う事によって、

相手は落胆しないだろうか?

こう言ってはアレだが、

自分は大層な事を発言している割に、見合うような人物なのだろうか?

客観的に見て、残念な人間ではないだろうか。

会うに値するような奴なのか、どうか。

恐怖を含んだ好奇を胸に秘めながら、待ち合わせの場所に向かう。

しかし肝心の人物の目星が付かず、立ち往生。

すると、メール。

電話で返す。

三回かけ直して繋がる。

居た。

居た、あの人だ。





━━━━━━━━━
━━━━━━━━
━━━━━━━
──────
─────
────
………
……






真っ直ぐな眼差し。

もう、自分が歩む道に一点の疑問も抱いていないかのような物腰。

「揺らがない人」

会った感想を、大まかに言うとそんな感じ。

凄い、なんつーんだろう、一握りの人間にしか身に付けられない華がある人だと思いました。

兄貴の目に、オイラはどういう風に映ったのだろう?

あまり、良い意味での自信はありません(苦笑)

しかし、

嫌がられるまで、オイラは兄貴の事を兄貴と呼び続けます。

悶太でした。

何れ、また。
スポンサーサイト







2009⁄04⁄27 21:55 カテゴリー:尊敬、リスペクト comment(1) trackback(0)
▲pagetop












コメント


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/30 03:03 | [ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

悶太という生物について


カウンター


ついったー

    follow me on Twitter

    最近のコメント


    最近のトラックバック


    月別アーカイブ


    カテゴリー


    最近の記事


    リンク


    カレンダー


    ブロとも申請フォーム


    ブログジャンキー


    読み物



    ↓オススメ
    1605(小

    ブログランキング


    その他諸々

    by Orfeon

    blog-lvup.com


    RSSフィード


    ブログ内検索


    ▲pagetop



    Copyright © 2017 悶太のブログ. All Rights Reserved.
    template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。