不定期更新で送る、日々思う事をダラダラと綴るブログです。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








親不知のブルース


モチベーションが有る時に何故か動けず、無い時に動けるようになっているタイミングの悪さは何なのかと問いたい。

小一時間問い質したい。

他でも無い、オイラ自身に(爆)

悶太です。





唐突ですが、ちょっと怖いというか珍しい体験をした話をします。

つっても、霊的な何かではありません。

しかし、明日は我が身、これを読んでいる貴方にも起こりうる出来事です。

先日、久々に歯医者へ行ったんですが……。

歯石を取ってもらっていた時に、そろそろ親知らずをもう一本抜こうという話になりまして……。

数日後、再び歯医者に訪れました。

んで、診察の時間になり、名前を呼ばれ、座り慣れた歯医者特有の椅子に向かい、いつものようにお口をあんぐり開けたんですよね。

「はーい、悶太さーん。今日は予定通り親知らずを抜きましょーね」
「(口を開けながら)あーい」
「はい、じゃあ…………………ん?」

途中までいつもと同じようなやり取りだったんですが、オイラの親知らずを見た(?)途端、先生の様子がおかしくなりました。

「…………ぁれ………これは………ぁれで……………無理かな…………無理…………無理だ………………」

オイラのお口を覗き込みながら、独り言をブツブツ言う先生。

所々、不安を煽るような単語が耳に入ります。

おいおい、大丈夫かよ、親知らず抜くだけじゃねーのとか思っていたら、倒されていた椅子が何の前触れも無く元の角度へと戻っていくではありませんか。

オイラと同じ目線になって、先生は一言こう言いました。



「ごめんなさい、(うちの設備では)無理なんで、紹介状書きますから○○総合行ってもらえますか?」



…。

……。

………。

えぇえぇぇぇぇっ!??

単純にビビりました。

いや、寝耳に水もいいとこだったんですマジで。

「え?総合って、あのデカイ病院の事ですか?」

気が付くと、そう聞き返してました。

そりゃ当たり前なんですが、聞き間違えたのかと思ったぐらい驚いたんですよ。

すると先生は申し訳なさそうに、

「はい、すみませんが、総合の口腔外科へ行って下さい。親知らずの向きが非常に難しい方を向いてまして、抜くのが困難なんです」

まさかまさか……まさかの総合。

歯医者来て、総合病院に行く事になるなんて夢にも思いませんでした。

誤解の無いように言っておくと、歯医者がヤブって訳ではありませんよ?

ただ、無防備に口を開けている時に怪しい独り言は止めて欲しかったですが(苦笑)

あ、歯はちゃんと口腔外科で抜いてもらえました。

ええ、そりゃもうすんなりと。

歯は大切に。

悶太でした。
スポンサーサイト







2009⁄08⁄26 23:52 カテゴリー:嗚呼、日常 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

悶太という生物について


カウンター


ついったー

    follow me on Twitter

    最近のコメント


    最近のトラックバック


    月別アーカイブ


    カテゴリー


    最近の記事


    リンク


    カレンダー


    ブロとも申請フォーム


    ブログジャンキー


    読み物



    ↓オススメ
    1605(小

    ブログランキング


    その他諸々

    by Orfeon

    blog-lvup.com


    RSSフィード


    ブログ内検索


    ▲pagetop



    Copyright © 2017 悶太のブログ. All Rights Reserved.
    template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。