不定期更新で送る、日々思う事をダラダラと綴るブログです。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








数字遊び


ども。

(ワンルームが)九畳・(髭が)じょりーんです(爆)

…分かる人にしか分からないネタですね、これは…

ええと、散々プロフなんかで「数学好き」をアピールしてきた悶太ですが、イマイチ浸透してないみたいなので、今日は楽しい算数の時間です(爆)

オイラに言わせると、何故数学嫌いが多いのか理解出来ません(爆)

謎解きみたいで楽しくないですか?

答えの決まった暗記問題をやるより、自分で答えを導き出す事に意義を感じるのですが…

これでも、国・英・社は目も当てられない成績でしたが、理・数は勉強せずに高得点を叩きだしていたのはちょっとした自慢です(爆)

…といっても、公式なんかとっくに忘れたので勉強の事は他の人に訊いて下され(ダメじゃん)

んで、今回は、巷で見付けた面白い数学の使い方を紹介したいと思います。

その壱。

「もしも子供にこんな質問をされたら編」

三角形の角度の和は180度である。

これは、小学校で習いましたよね?

では、もしも貴方のお子さん(居ない人は居ると仮定して)からこんな質問をされたらどう答えますか?

「なんで三角形の角度を全部足すと、180度になるの?」

…。

考えちゃいます?

そこで貴方に素晴らしい教え方を伝授しましょう(つっても、考えたのは他の人ですが)。

図1を見て下さい。

AとBの角度は同じです。

ではこういう風に考えましょう。

図2の記述通り、A=A'、B=B'、C=C'です。

んで、A'~C'を結ぶと…

あら不思議!分度器の形になりました。

分度器の角度は180度ですので、三角形の角度の和は、180度という事になります。






その弐。

「石屋さんの測り方」

墓石なんかを作る石屋さんは、どのようにして石の寸法を測っているのか?という話。

図3のように、対角線Cを直接計測する事は不可能です。

だって石の中ですから。

じゃあどうすればいいか。

図4の線BDは測れますので、まずそれを計測します。

んで、同じ長さのモノ(線BE)を用意して、後は図5のように、EからFの寸法を測れば良いのです。

線EFと対角線Cは平行なので同じ寸法だから、という訳です。

どうでしょうか?

少しは面白かったですかね?

またこんなの見付けて書いてみたいと思います。

最後にオマケです。

あ、因みに図は全部ペイントで描きました(爆)

悶太でした。
スポンサーサイト







2007⁄10⁄10 23:55 カテゴリー:数学、たのしいさんすう comment(5) trackback(0)
▲pagetop












コメント


あ、
あ~…

マジで図を見るだけで頭が痛い。

グ~(ρ。_。;)

この記事に、苦ぅ~情~を垂れて、どっかへ放りたくなる。

苦情…放り~…

えーい!

皆まで言うまい(錯乱)

ヤレヤレ…(;´〆)y-~~~


2007/10/11 02:30URL | あ~ちゃん[ 編集]


数学と聞けば、いつでも出てくるwhirlwindです。唯一自信をもっている数学、大好きな数学、サイトデザインさえベクトルにしてしまってるwhirlwindです(笑)

最後の問題の図形『ハイポサイクロイド』の名前を習ったとき、その響きが少し気に入りました(笑)
面積じゃなく半径が2倍って事なら、たぶん答えは4番…ですよね?

個人的には、背理法や帰納法とか理論系の問題が難しいけどすごいと思います。
結構有名ですが、√2が無理数である事の証明とか、πが3.1より大きい事の証明とか、初めて見た時は感動もんでした(笑)

時間さえあれば数学の美学をいくらでも語りたいwhirlwindでした。若干周りにひかれても言います。数学万歳(o´∀`o)

2007/10/13 21:27URL | whirlwind[ 編集]

あ~ちゃん》
一応、ネタとしては「如何に生活・仕事現場には数学的な要素が含まれているか」を伝えたかったんですが…(笑)

自分の仕事ネタも使おうかと考えましたが、専門的過ぎるので止めました(爆)

苦情放り~で思わずニヤリました(笑)
2007/10/13 23:08URL | 悶太[ 編集]

Wさん》
恐らく、Wさん程勉強は出来なかったと思われますが、数学の考え方・応用力のフル活用っぷりが好きでしたね。

個人的には素因数分解が好きですね。

素数が無限に存在される事はユークリッドの原論(だったか?)によって証明されているみたいですが、とあるプロジェクトで史上最大の素数発見に挑戦したという記事を見て、世の中にはホンマもんの数字馬鹿がいるんだなぁと感心しました(爆)

因みに980万8358桁に及ぶらしいです(爆)

大輪教授(2007R-1出場者・お笑い芸人)のネタを見た時、「ついにこういう奴が現れた」と興奮した覚えがあります。
2007/10/13 23:20URL | 悶太[ 編集]

因みに…
オマケの答えは四番です。

「半径」の記述が抜けていた?みたいなので混乱させたかも?

すんませんでしたhttp://blog86.fc2.com/image/icon/e/466.gif" alt="" width="14" height="15">
2007/10/13 23:22URL | 悶太[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

悶太という生物について


カウンター


ついったー

    follow me on Twitter

    最近のコメント


    最近のトラックバック


    月別アーカイブ


    カテゴリー


    最近の記事


    リンク


    カレンダー


    ブロとも申請フォーム


    ブログジャンキー


    読み物



    ↓オススメ
    1605(小

    ブログランキング


    その他諸々

    by Orfeon

    blog-lvup.com


    RSSフィード


    ブログ内検索


    ▲pagetop



    Copyright © 2017 悶太のブログ. All Rights Reserved.
    template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。