不定期更新で送る、日々思う事をダラダラと綴るブログです。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








GTM


GTM…

G(がに股歩きで)T(躓いた)M(悶々ちゃん)の略です(爆)

よく躓きます(爆)

鼻風邪に一週間苦しめられましたが、ようやく治りました。

朝夜は寒く、昼は暑いという訳の分からん『狂った秋』が続いてますので、皆さんも体調管理には気を付けて下さいね。

これで11月中旬くらいには、『痛い冬』がやって来るでしょうから、今から憂鬱です(泣)

さて、今回はこんなニュースを取り上げてみようと思います。

『BPO、TV局に罰ゲーム自粛要請』

BPOという団体自体、あまり聞き慣れないかもしれません(オイラも知りませんでした)が、Broadcasting Ethics&Program Improvement Organizationの略で、放送倫理・番組向上機構の事です。
※英字半角スペース空けてみましたが、機種によって空いてなかったらすみません。後、スペル間違ってたらすみません(汗)

えぇと、つまりこのBPOという団体が、バラエティー番組の罰ゲームに代表される「出演者の心身に加えられる暴力・性的表現」について、このまま見過ごせないという話らしいです。

ようするに、アレです。

「こんなお下品なテレビばかり見ているから、いじめや少年犯罪は増える。だから止めろ」と、言いたいらしいです。

…。

いや、仰る事が分からなくはないんですよ。

「テレビの内容は社会的に肯定されやすい」と同団体が意見を延べているように、その通りな部分もあると思います。

ただね…

オイラの頭には、「うちの子が馬鹿になったのはテレビの所為だ」という馬鹿親のイメージが拭えないんですよ。

いや、それは教育的指導の在り方や、家庭での問題をまず一番に取り上げるべきだろうと。

それとね、BPOさん…

このニュースによると、意見が出たのが10月25日。

で、お宅の青少年副委員長とその長男が大麻取締法違反で捕まったのが9月21日って…

何かねーホトボリが冷めたとは言い切れないんですけど…。

健全な青少年の育成の為に存在する団体があってはならない不祥事が一ヶ月前にあったのに、そう堂々と意見を言われても説得力無いというか…。

もう少しタイミングを見計らって欲しかったような気がします。


そ・れ・と。

オイラが一番切なく思ったのが、こういうネタって一般的に理解されないのが辛いですね。

いや、全て擁護する訳じゃありません。

確かに行き過ぎている部分があるし、中には名誉毀損スレスレの放送や見ていて不愉快なモノが存在するのも確かです。

テレビ的にも数字取りに躍起になっているとこもあるでしょうし…

ただね…ただ言わせてもらえるならば…

笑いに限らず、風俗嬢AV嬢…一般に理解されない方々が、どう頑張っているかというピックアップがあっても良いんじゃないか?

その苦労を垣間見る必要は無いのか、とオイラは言いたいです。

青少年の正(性)教育、大いに結構。

正し、責任転嫁的な話題に発展するのはどうかと思います。

テレビ然り、ゲーム然り、小説・漫画・映画娯楽諸々が…

事件のある度に、「このDVDが!」「あの漫画が!」「ゲームが!」「○○が!!」…は、見てて腹が立ちます、正直。

その前に、少年ABCDEFG………の環境の在り方についてもっと洗って掘り下げるべきなんじゃないでしょうか?

話がズレた気もしますが、自分はズレたつもりは毛頭ありません。

悶太でした。

放送倫理・番組向上機構. (2007, 10月 25). Wikipedia, . Retrieved 13:29, 10月 28, 2007 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%94%BE%E9%80%81%E5%80%AB%E7%90%86%E3%83%BB%E7%95%AA%E7%B5%84%E5%90%91%E4%B8%8A%E6%A9%9F%E6%A7%8B&oldid=15724882
スポンサーサイト






ジャンル:モブログ テーマ:モブログ・携帯ブログ
2007⁄10⁄28 22:15 カテゴリー:嗚呼、日常 comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



『●のせいだ!』『○のせいだ!』となる度に、やっぱりなんとなく責任転嫁な気はしてしまいます。教育の責任を、学校に押し付けたり家庭に押し付けたり。

笑いの文化を道徳に優先しろ、とは言わないけれど、目を背けたくなる真実も教えなきゃいけない、て僕は思います。性教育だって、中途半端に隠されるから余計に興味出てるのも少なくないかなって。小●生時代、何も知らずもはや好奇心だけでしたし……(苦笑)

いろんな価値観がある事を知ってこそ、何が正しいかの判断が出来るし、いろんな生き方を知るから自分の命を直視できる。あくまで一個人として、そう思い自分が将来子供を教育するなら、鎖国的すぎる教育はやらないつもりです。

…さらに話を逸らしまくった気がしなくもない、G(ギックリゴシガ)T(チカイカモシレナイ)W(ワールウインド)でした(笑)

それにしても…教師はGTOをどう見てるのか、気になります(笑)
2007/10/29 00:19URL | whirlwind[ 編集]

Wさん》
なんでしょうね…

それが日本の良いとこでもあり、悪いとこでもあるんだと思うんですが(あまり米国の影響を受け過ぎて、オープンにしまくりもどうかと思うので)

かと言って、Wさんの言うような鎖国的な教育もどうかと。

結局、さじ加減と教え方が下手な大人が多いからこうなんでしょうね。

食い付きが悪いネタでしたが(苦笑)米ありがとうございましたhttp://blog86.fc2.com/image/icon/e/287.gif" alt="" width="14" height="15">
2007/11/04 18:02URL | 悶太[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

悶太という生物について


カウンター


ついったー

    follow me on Twitter

    最近のコメント


    最近のトラックバック


    月別アーカイブ


    カテゴリー


    最近の記事


    リンク


    カレンダー


    ブロとも申請フォーム


    ブログジャンキー


    読み物



    ↓オススメ
    1605(小

    ブログランキング


    その他諸々

    by Orfeon

    blog-lvup.com


    RSSフィード


    ブログ内検索


    ▲pagetop



    Copyright © 2017 悶太のブログ. All Rights Reserved.
    template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。